Month: 12月 2017

付き合う彼女と結婚を考える彼女の違いって?

結婚生活20年を迎えて、過去を振り返ると、結婚相手としては、今の嫁は良かったと思える。けど、彼女としてはどうだったんだろう?
付き合う彼女は24時間一緒に居ないし、ある意味責任も負わないから、会っている時間楽しくて、趣味が一緒で、とにかく、一緒に居るだけで満たされる関係であれば良い。
しかし、結婚相手となると、そうはいかない。互いに我慢が必要となってくる。我慢って何?生活リズム、金銭感覚、いろいろな部分での考え方。例えば付き合ってる時は朝早く起きる相手か余り気にもしない。結婚して、専業主婦となった相手が、もし朝の弱い相手だと、自分で起きて、味気無くコンビニのパンをかじって会社に出勤なんて事に!逆に付き合ってる時は日程調整なんかしてデート日は確実に彼と逢えた。結婚して、もっと一緒に居れると思ったのに、毎晩遅くに帰宅で、専業主婦は1日中家の中で、夜御飯も1人。我慢出来ますか?それが暗黙に我慢では無く、生活として出来る相手が本当の結婚相手だと思います。
今の付き合ってる彼氏、彼女がどうなのか、好きという気持ちだけで結婚相手にすると、後悔する事になるかもしれません。
一応、小生は20年結婚生活をしているので、妻はちゃんと結婚相手だったんだと思います。

さくらの季節の雨降りは一日・冬物で出勤で暖かいです

4月、さくらの季節の花冷えとはこういう空気、雨は降らないでもいいけれど涼しいというより低め気温。普通の感覚だと冬物衣類のコートなどクリーニングは3月もある、店先では季節衣類のスーツとかセーターが安い料金をPR、さくらの開花はゆっくりでもぽかぽかの連日ではコートの衣替えですね。3月下旬とか4月は出かけてみても春コートとかジャケット姿の人達、暖かい気温ですごしていれば冬物はオフシーズンの感覚。ですが新年度の時期は家のことより仕事中心、暖かい日は春ジャケットで出勤して週明けのような寒さの日は冬物です。20℃という気温に衣類整理と思ったけれど、そのままの冬コートがぽかぽかと暖かい、気温が10℃以内で春コートは寒いですね。ウォームビズのセーターとかベストもこの季節は常備がいい、クリーニングはオフシーズンでもよいですから。ちゃんと落着いて夏物半袖は連休明けでもいい、やや暑いという日の数枚のみ用意すれば仕事も休みの日もよい体裁です。さくら満開の時期に一日雨はもったりですが心身両面を癒す時間、新年度の骨休めです。ミュゼ 履歴