最近ツイッターで、自己肯定感が低い人が医者から言われたことを実践しているというマンガを見ました。自己肯定感を高くする訓練の一環として行われているのが、ちょっとのことでも良いから自分を自分で褒めることだそうです。ほんとかよと思ったら、その人もほんとかよと思ってやっていたらしいので、なら私も騙されたと思ってやってみようかなと思いました。心の中で褒めるの良いのかもしれませんけど、ツイッターの誰も見ることができないアカウントに書き込むことにしました。その方がしっかりとこう褒めたと記憶に残りやすいような気がして。でもやっぱり最初はこんなんでとか、やめようかなとかマイナスな感情が生まれましたね。これを続けていったら果たして本当に自己肯定感は上がるのか。嫌いなものを好きになるのは結構不可能に近いんじゃないかと思っているので、自分を好きにはなれなくとも何かしら良い方向への道が開けたらいいなとは思いますけどね。