天皇陛下が2019年4月30日に退位して、翌日5月1日から今の皇太子殿下が天皇陛下となることが決まった。
これに伴って5月1日から新しい元号となる。
そもそも終身天皇制になったのは明治時代。
天皇がお亡くなりにならない状態で初めて元号が変わる。
今までは天皇陛下がなくなった翌日に元号が変わっていたため、カレンダー・手帳、システムなどに支障があった。
今回は退位の日が事前にわかっていることもあり、種々の準備に配慮ができるように
新しい元号を2018年の夏には公表するようである。
今の天皇陛下が昨年の夏に生前退位のご意向を表明されてから
思ったよりスムーズに事が進んだような気がする。
83歳は一般ならもう当然隠居しているご年齢
亡くなる直前まで公務を強いるのはさすがにかわいそうと感じていたので本当に良かったと思う。
心より余生をゆったりと過ごしていただきたい。
皇太子殿下が天皇になると、皇室の皇位継承できる男子も3人のみ
男子が生まれてこなければいけないのでまだ11歳の悠仁さまには結婚というプレッシャーがかかる。
結婚して妃殿下に男子を産んでもらわなければいけないので必然的に婚期は早まるのではないでしょうか。
それはともかくとして
どんな元号になるのか楽しみに待つことにしよう。全身脱毛 デリケートゾーン 全剃り