夜景を眺めながら、俺といった対話する歳末の夜中

——品川の事務所通りは普段よりも他人が少なく、結構新鮮な光景だった。
折々ぽつりぽつりといった目線に入り込んでくるのは、というぼとぼと歩いている今一つアルバイターか、若しくは行き場のないホームレス風の男たちだけです。
自身はいまや、それらの光景を目の当たりにしたところで何の気分も抱かなくなっていた。
今年も、普通自らここまで遠出してきてしまった。
自身は通りの隈における巨大なモールのエレベーターにのぼり、上層フロアへと上って行く。
駅前の職業旅館に比べると、その設備はわりかし陳腐なやり方だったが、かと言ってそこまで古い風情でもなく、下界を見渡すには会心ポジションだった。
そうして、そこから見下ろすことのできる夜景は全体「人となり」にて形作られていらっしゃる。
特例など存在し得ない。そういう、私の目の前に思え込んで現れる夜景は非現実的なまでに実存的光景だった。
肌身をもちまして、それを実感した状況自身は、とあるひとつの返事を導き出した。
仮にまた、この先の人生で、縁側を踏み外して独りで歩んでゆく幸になろうとも、生きている以上、こういうライフの艶だけは無くすまいって——。キレイモ 料金

マツコ絢爛は、なぜだかとっても明るい。

連日とまではいかないが、ウィークの半分はマツコ立派をチャンネルやCMなどで見ている気がする。現時点で見れない時折記録を通して探るのだが、どのチャンネルを見ても本当に面白い。感覚の一つ一つにしても原理や筋が通っているし、マツコ様が言うと何を言っても嫌みに聞こえない感じがする。先マツコ様のチャンネルでよく見かけるのが、TV局でのワークショップ収録の時に視聴に来られた客に対して、積極的にお呼びをされているポイントに加えて、屋外でのロケも初対面のサイドに対しての呼びかけほうが相当上手であり、どんな時でもマツコ様が上手く報告を盛り上げているのが桁外れという。数々の列席されているチャンネルの中でも、今一つ番ハマっているのが「マツコ会議」です。中継先にいらっしゃる一般のサイドとマツコ様がPCの画面において報告をする目次だが、幹事などの下っ端が中継先に行って体躯当たりで直撃などをやる身だしなみが、見ていて「頑張って!」という応援したく変わる。マツコ様が一般のサイドや下っ端に対して、時時罵声を浴びせたりした場合「ほとんど!!」といった以心伝心したりといった、見ていてスカッとする事が多い。もはや、マツコ様はわたくしにとっての癒し&サプリメントという付きです。一段とのテレビでのご活躍を、これからも応援していきたい。ミュゼ 100円